四季彩 Hobby美工房 四季彩 BLOG Topへ美工房 四季彩 趣味のサイトへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0064.jpg まぁ、たいした問題じゃないんだけど、河口湖自動車博物館では、零戦を『ゼロ戦』と表記してあった。見学に来ていた人たちも一様に「ゼロ戦」と呼んでいた。河口湖自動車博物館には、細かい説明書きなど無いのでσ(・_・)が息子達にひとつひとつ説明していたら、どういうわけか一緒になって説明を聞いていたおじさん達がいて、ついでに色々な質問に答えたりしてしまった。声がでかいとちょっと恥ずかしいかも・・・。
 基本的にウチではtomo春がマニアックだから『零戦(れいせん)』と呼ぶようになっている。戦中、『ゼロ戦』と呼んでいたパイロットもいるそうだから、あながち『ゼロ戦』も間違いではないだろうが、和洋折衷で何ともしっくり来ない感じ。米国からは『ジーク』または『ゼロ(ファイター)』と呼ばれていたらしい。
 零戦は、正式名称を『零式艦上戦闘機』といい、形式は11・21・32・22・52・54・64型と各種ある。この型式がまたくせ者で、『五十二型』などと書くのを見かけるが、これは大きな間違い。前の数字は機体型式、後の数字はエンジン型式なので『五二型』の場合、五番目の機体型式に二番目のエンジン型式の組み合わせで「ごーにー型」と読む。けして52番目の型式というわけではない。なので、21型の次が32型で、その次に22型が来るという不規則な開発順序もこれで納得できるわけだ!もっとも、呼び方なんてどうでもイイと言えばどうでもイイ細かい話題なんだけど・・・・。


 ちなみに我が家の男どもはみ~んな21型(もしくは22型)がスキ!息子達がハセガワ1/72の22型(コンパチなので21型の作成も可)のプラモデルを買った。最近は塗装があまり必要のないプラモデルばっかりなので、ある意味息子達にとって、これが<初の本格的プラモデル>となるかもしれない。
スポンサーサイト
0101.jpg 河口湖自動車博物館で、<零式艦上戦闘機21型 A6M2>の復元機を見てきた。やっぱり可能ならば本物を見ておきたいわけで、幸いにして比較的近いところ(250kmぐらい)なので思いきって行ってきた。
 わざわざ富士山の麓まで行ったのに、目的はこれだけ!息子たちはともかく、嫁さんはつまらなかったろう・・・m(_ _)m
0086.jpg こっちは零戦21型の発動機(エンジン)。二式水戦用にShadeで作ったのはこれ。その他、細かいところの写真も撮ったので、まとめたのはこちら
 今回見に行って、一番感動していたのは、今『大空のサムライ』を読んでいるtomo春!
hyakuri2.jpg Googleマップが更新されていた。やっと我が家もどアップになって屋根がハッキリ見えるようになった。
 で、またまた百里基地を見てみたら、しっかり高解像度でラッキー!残念ながら外に出ている機体は写ってなかった(もしかして、消した?)。左上の赤丸がいつもの撮影スポット。ここから望遠で撮っている。
hyakuri1.jpg こっちは基地正門の部分。5機の機体が展示してある。上の写真の赤い四角の部分ね。T-2ブルーインパルス・T-33・F-86Fはコックピットが見られるように台が付いている。F-104Jが高さのある台座に乗っかっていて触れないし、脚も格納してあるのが残念。
 Googleマップはおもしろいねぇ~。でも、テポドンは見えなかった_| ̄|○
h8k21.jpg 井坂氏よりお借りして(いつもありがとうございます)いる『丸メカニック』世界軍用機解剖シリーズ<二式飛行艇>。なんと、1979年発刊。貴重な資料が満載。三面図をスキャンしたので、Shadeで3D-CGにすべく、DXFに加工予定。作り甲斐がありそう。
 これで、松本零士氏の『ザ・コックピット』に<大艇再び還らず>の近藤家を作れる。楽しみ!!
h8k22.jpg
 こっちは船の科学館に展示してあった頃(現在は九州鹿屋市へ)の二式大艇。この機を見に何度御台場へ行ったことか・・・。ほんとうに大きな機体だった。
f1m21.jpg これは、同じくお借りしている<零式観測機>。複葉機だけど、流麗な機体はすごく魅力的。これも<亡霊戦士>の題で『ザ・コックピット』に入っている。
 この機の三面図もスキャンしたので、CG化リストに追加。三面図のテンプレートが十機以上になってしまった。生きている間に全部完成するだろうか?『ザ・コックピット』シリーズとして公開できるように地道にやっていこう。
P7010010.jpg 我が家のミニチュア飛行機で、どういうわけかSu-27シリーズがなかった。Yahooオークションで『JWings冷戦時代の翼Su-37 フランカー架空部隊仕様アグレッサ』を落札した。この機体はtomo春が好きで、彼は最近FlankerとHNを変えたほど。父ちゃんはFlank(四式戦 疾風)が好きなので、やっぱり親子!!

P7010012.jpg こっちは夏kiが好きなF-2。『日本の翼コレクションJASDF F-2A-b 飛行開発実験団岐阜基地』同じ方から落札。サイドボード確認したら、チョコエッグで同じ機体が2機あった・・・。夏ki曰く「だって、好きなんだも~ん」だと!
P6050001.jpg この間、百里基地に行ったときに、セブンに寄ったら、食玩でタカラの『零戦』シリーズが出ていた。海洋堂が原型担当だから、出来は良いだろうと言うことで、とりあえず2機購入。tomoは『大空のサムライ』を読んでいることもあって「坂井三郎機がイイナァ~!」と!父ちゃんは「二式水戦と零式練戦(柿色)が欲しい!」。だったら3機買えばいいのに、様子見で2機で我慢。
 tomoに選ばせたら、希望通り坂井三郎機と練戦が出た。もう1機買っときゃ二式水戦も出たか?14種類あるから効率が良かった。


P6050003.jpg 零式戦闘練習機11型も中々イイね!現在Shadeで二式水戦を作っているから、ちょっと手を加えれば、練戦も作れそう。いっそのこと11型~64型まで作ってしまおうか・・・。あっ・・・時間が・・・_| ̄|○


 そういえば・・・今日、誕生日だった・・・また年を取ってしまった(/_;)
P5300009.jpg 本日の百里基地での成果。E-2C ホークアイが2機来ていた。久々にのんびりとしたレシプロ機の離陸を見ることができた。それだけじゃなくて、確認はできなかったけど、たぶん三沢基地のF4-EJ改が十数機来ていた。カッコええ洋上迷彩のファントムも2機!ラッキ~!離陸も見られたし!
P5300004.jpg こっちはおなじみウッドペッカーのRF4-E!ドラッグシュートを使った着陸。久々にF4のエンジン音が聞けたけど、今日はF4もF15もアフターバーナーオフで離陸していた。燃料費高騰による節約か?
P5300041.jpg 今日は忘れずにサーキュラーPLフィルターを持って行ったので、キャノピーに写り込みがないように撮れた。フィルター付けないと反射して中が全然見えなくなってしまう。
 今日のカメラマンは、全部tomo春!結構上手くなってきた。
hyakuri.jpg 明日は長男が遠足の代休で休み!朝から愛車を車検に出した足で、おなじみ百里基地に行く予定。Googleマップで百里を表示させてみたら、たいして大きくならない。人口密度も低いし、さほど重要な施設ではないということか?
 百里基地のタクシーウェイ(誘導路)は、反対派の土地が残っている関係で、「く」の字に折れ曲がっているのが写真でもワカル。
chitose.jpg こっちは千歳機空港。民間共用飛行場。百里も近々共用になるようだ。
 千歳空港をGoogleマップで拡大すると、なんとF15Jがあるのまで見える。
P5230011.jpg フルタのチョコエッグ戦闘機シリーズ第3弾フルコンプリート~二式水戦。これは、応募して当選しないと手に入らない≪超レアもの≫!こいつをShadeで3D-CGにしている。
 だがしかし・・・。またまたWEBサイト作成依頼を受けてしまったので、完成はいつになる事やら・・・(´。`)
P5230009.jpg
 チョコエッグ戦闘機シリーズは数百機持っているけど、完全コンプリートは第3弾のみ。なんとケース(といってもブリスター&紙ケースだけど)まで持っていたりする。
P5230010.jpg このシリーズは好きな機体が多い。震電、F4Uコルセア、ドルニエ-プファイル、サンダーボルト、タイガーシャーク、MIG15等々。レアものとして、Su37ベルクト(二式水戦の下のちょこっと写ってる)までゲットした。
P5230005.jpg チョコエッグだけでなく食玩の飛行機もた~くさんある。これはサンダーバーズとブルーインパルスだけど、新谷かおるの『ファントム無頼』に出てくるレアものの680号機まで持っている。
 いったいいくらかかっている事やら・・・。親子で好きなもんだから大変!
171103_067.jpg
 もうすぐ学校は春休み!ということで、久々に息子達と休みが重なる予定なので、以前から約束していた宮城県『松島基地』へ、ブルーインパルス見学に行こうと思って電話してみた。

 女性隊員「申し訳ありませんが、4月28日まで一杯です」

 σ(^^ )「なんでぇ~~?」

 女性隊員「先日テレビで放映されたものですから、急に・・・」

 σ(^^ )「ほんとにぃ~~!ジャ、夏休みによろしく!早めに予約しますね」

 女性隊員「申し訳ありません。よろしくお願いいたします」

 ということで、うんとこさガッカリ・・・。TVのチカラはスゴイと改めて思った。ウチでは息子達もTVを見ることがあまり無いから、BIの番組をやったなんて夢にも思わなかったヨ。たぶん、普段は自衛隊なんか興味が無くても子供にせがまれていくことになった家族がイパ~イなんだろうナァ_| ̄|○

171103_003.jpg
 この写真のF-2も松島に配備されてるんだけど、コレを撮った昨年の入間航空祭も、全く素人の遠足気分の人ばっかりだったし・・・。小さい赤ん坊を連れてきた家族は爆音にパニックになるわ、航空祭の決まり事やマナーが守れない人が多いわで、『入間には2度と行かない』とみんなで決心したっけ。
 でも、先々週百里に行ったときは、相変わらずマニアックな親父達が集まってたっけ。基地周辺はあちこち工事中(民間共用化に向けてか?)のため、いつものスポットへは入れなかったけど、仕事サボって遠くから見に来てる人がたくさん!ウチもちょくちょく行っているから人のことはいえない。
 また百里基地へ行ってきた。いまだに302飛行隊はやってこない。息子共々楽しみにしているんだけど・・・。
180215_055.jpg
 今回は天気が薄曇りでちょうど良かったので、基地ゲート近くに展示してある『T-2ブルーインパルス』の写真をたくさん撮ってきた。そのうち、専用のページを作るとしよう。
180215_014.jpg
 この写真は、バルカン砲の孔(もともとT-2には装備されない)に鳥が巣を作っちゃったの図。何機か展示されているけど、ほとんどの機体の手頃な孔には鳥の巣ばっかり。
180215_039.jpg
 機体後部左側にもメーターがあった。スナバってなんだ?この機体はカラースモーク(左エンジン内にオイルを噴射してスモークを発生させる)を出せるので、『発煙油シャットオフバルブ』の文字がある。
180215_038.jpg
 このアングルから撮影できるのも展示機ならでは。なんだかんだで150枚ぐらい撮ってきた。4枚の写真とも、サイズ調整だけで一切加工無し。ちょうどいい天気のおかげで、ぼろカメラでも記憶色に近い色が出ている。

雪風

c02.jpg戦闘妖精「雪風」のDVDを見終わった。相変わらず息子の学校の先生に借りて(本当にいつもありがとうございます)ばっかりだけど・・・。このアニメは見応えがあった。現実離れはしているけど、非常にリアルでのめり込んでしまう。設定やストーリー展開ももちろんだけど、なんといっても「戦闘機」の出来がよい!シルフとメイブはいつかShadeで作ってやろうと決心。←いつになる事やら・・・・

通常Shadeで飛行機を作るときは三面図があると良いんだけれど、写真やイラストではパースがついてしまっているのでなかなか難しいモノがある。
大戦中の機体については松葉稔氏の「精密図面を読む」の1と9を持ってるし、FW190に関しては専門書があるので好きな機体の図面おこしはいつでも出来る。
が、架空の機体となると正確な図面が得られないので結構大変。タチコマのような形だったら簡単なんだけど。

ほんとうは、プラモデルやソリッドモデルをやりたいんだけど、なかなか大変なのでCGで我慢。3D-CGは難しいけどおもしろいし、しばらくほったらかしにしても埃が付かないし、パーツ紛失もないしね!
ただ、最近ペーパーモデルも作っているせいか、久々にエアブラシを使ってみたい衝動に駆られてる。何をやるにせよ、とにかく時間が欲しい・・・

マァ、楽しみは老後に取っておくという手もあるし、の~んびりいきましょ


p05.jpg トリはブルーインパルス!天候がイマイチだったため、スモークがよく見えなかったのが残念。カラースモークを使わなくなったので背景の雲と同化してしまう。
 機体塗装もF-2時代と違って、明るい青と白の塗装なのでコントラストが低く、よけいに見づらい感じ。息子達は初めて見て感動していた。


p04.jpg F-1は今年から退役が始まっている。  お疲れ様でした!!機体後部がファイナルイヤーの記念塗装になっていた。
p03.jpg 青ファントムがいたぞ!初めて見た!カコエエ!
 312号機はえらく古い機体だけど改修されながらよく頑張っている。昔はグレー塗装で百里時代の301飛行隊にいた。


 美工房 四季彩 ブログ  » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。